血液を作る鉄分!貧血に効果の高い食材を摂取する

どのように改善するか

男の人

身体に吸収するときのコツ

女性がよく立ちくらみなど起こし倒れてしまうことがあります。いわゆる貧血の状態ですが、貧血になったことがある女性は少なくありません。貧血になる原因の多くは鉄分が不足している状態だからです。男性も貧血で倒れることがありますが、女性の方が貧血になりやすいです。ではなぜ女性の方が貧血になりやすいのでしょうか。その理由は、生理などで血液を排出するからです。また妊娠中や出産の場合も貧血を起こしやすくなります。そこで、貧血を起こさないために、何が必要かを知っておくべきでしょう。鉄分が不足して貧血を起こしているならば鉄分をとる必要があります。ただし、ここで注意をしなければならないのは、鉄分だけ吸収してもそれほど意味がないのです。なぜなら、血液をつくっているのは鉄分だけではないからです。血液をつくっているのはビタミンB12や葉酸、ビタミンB6などです。この中でも血液をつくるためにはビタミンB群はとても重要なものになります。ビタミンB群をたくさん摂取するためにはレバーや貝類などを食べることが大事になります。レバーや貝類が苦手な人はパセリやニンジン、トマトの野菜やメロンやバナナなどの果物を摂取するとよいでしょう。このように、食べ物によって血液をつくることができますので、貧血を起こしたり、生理前後あるいは妊娠中にはできるだけ多くの鉄分や葉酸、ビタミンB群を摂取することです。ただし、胃腸などが悪いと摂取しにくくなりますので、普段から食べ過ぎや飲み過ぎに注意をしましょう。